女性

インプラントで蘇る|歯科で人工歯を手に入れよう

安全な治療のポイント

歯型

見た目が自然で綺麗な人工歯を装着する手段といえばインプラントでしょう。歯を失った箇所に人工歯を取り付ける場合、入れ歯やブリッジ、インプラントという選択肢があるのです。入れ歯やブリッジの場合は装着するためにフックを周辺の歯に引っ掛けなくてはいけません。それが金属だとどうしても自然な見た目にはならないのです。しかし、インプラントの場合は周りの歯を頼りにせず、金属の土台を埋め込んでそれを支えにしています。その治療のおかげで他の歯と変わらない自然な見た目が手に入るのです。堺にある歯医者さんでは、そんなインプラント治療を行なうときに気をつけているポイントがあるのです。インプラントは顎や歯茎といった人の体内に人工の土台を埋め込む治療方法です。多くの人は異物を体内に入れるだけでも不安があるでしょう。埋め込んだ異物から細菌感染を引き起こすことを心配する人もいます。そのような事態を引き起こさないために、堺の歯医者さんは徹底的に滅菌した器具で治療を行なっているのです。使い捨てできる器具の場合は1回毎に使用して廃棄することもあります。歯を削るための機械も特殊なガスを使って殺菌消毒しているのです。

堺の歯医者さんでは、殺菌と滅菌の両方を取り入れてインプラント治療を行なっています。殺菌というのは人に害のあるウィルスだけを退治できるもので、すべての細菌やウィルスを死滅できるのが滅菌です。いくつかの滅菌と殺菌の装置を使い分けて安全にインプラント治療を進めているのです。また、堺にある歯医者さんでは、インプラントをより安全に行なうために歯科用CTを導入しています。これで撮影された骨や顎の情報はパソコンに取り込まれ立体的な画像として映しだされます。いろいろな角度から骨の形を確認することができるので、インプラントの土台を埋め込む計画をするときに便利なのです。